大型デコトラ製作指南

デコトラプラモデル

大型デコトラ製作指南

今回使用するキットはアオシマより発売中の爆音デコトラ弾丸特急。このキットは爆音って事もありサウンドギミックが付いているお楽しみ満載デコトラです。k※この商品は現在入荷未定となっております。

 

 

今回使用するキットはアオシマより発売していた爆音デコトラ弾丸特急※現在発売中止。このキットは爆音って事もありサウンドギミックが付いているお楽しみ満載デコトラです。

 

プラモデルを作るのに一番最初に行う確認事項といえばパーツのチェック。どんなパーツなのか?はたまたちゃんとそろっているかなど。説明書を見ながらチェックをしていきます。
 
このキットのもっとも重要なパーツのひとつ、サウンドギミックの入ったパーツ。実際のホーンがそのまま同梱されています。

 

タバコを使ってフロントグリルと荷台の大きさ比較。大型ですので完成時、かなりの重量感が期待できますね。

 

デコトラのプラモデルでの楽しみのひとつ、デカール。実車さながらのプリントです。

 

まずはシャーシを組み立てていきます。ランナーからパーツを切り離し、丁寧にヤスリがけをしてあげるだけで綺麗な仕上がりになります。

 

エンジン部分を取り付けてみました。接着剤をいきなりつけるのではなく、一度パーツをはめ込んでから接着剤をつけていくとうまくいきます。

 

乗用車と違いトラックの醍醐味の一つでもあるタイヤです。ランナーから切り離したらちゃんとヤスリがけをします。

 

シャーシにタイヤを取り付けます。シャーシが組みあがりました!う〜ん、実にこれだけでもかっこいい。

 

荷台の組み立てをしていきます。ここからメッキパーツが出てきました。メッキパーツの接着部分は一度ヤスリで削ってから接着剤をつけたほうが綺麗につけられます。

 

荷台のデカールを張ります。ラインに沿って大きなデカールは曲がらないように慎重に張っていきます。

 

ゆっくりと慎重に。ここで曲がったりしたのを無理やりはがすとぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

ウィンドウ部分です。デカールが転写シールなっています。

 

転写シールの場合、綿棒などで十分に水分をふき取ります。無理やりこするとはがれてしまいますので要注意。

 

キャブと荷台をシャーシに取り付け。これで、一気にトラックになりました(笑

 

デコトラの最大の醍醐味、飾りを組み立てます。足回りの飾りです。

 

デッキ部分。ライトがまぶしく光っております。

 

ついに男のデコトラ完成!

 

 

みなさんいかがでしたか?駆け足でお送りしましたがデコトラの完成度の高さがわかっていただけたと思います。今回は素組みですので塗装は一切していません。塗装をしなくても十分に感動できるキットになっています。もちろん塗装をすればもっと完成度があがります。
デコトラのみならず、トラックのプラモデルは完成した時にその喜びが出るキットです。皆さんも一度チャレンジしてはどうでしょう?
え?ホーンはどうしたかって、電池がないのでこれから買ってきます(笑

 

制作に使った道具

 

プラモデル工具セット


さてさて、作るのにいったいどんなパーツが必要なのか?一番重要なのはランナー部分から切り離す為の道具、ニッパーです。その他のパーツはあれば便利などで、初めてチャレンジする方は道具セットなどがおススメです。数ある道具が発売されていますが、ご自分にあった道具をおすすめしています。私の場合、ニッパーなどは10年以上同じ物を使用しています。

 

パーツを取り付けるのに必要になる接着剤。セメントタイプのものを一つ持っていると便利です。デコトラのプラモデルはメッキパーツ多いので瞬間接着剤も一つ用意しておく事をおススメします。